リバーレ

FULL-SYNTHETIC COMPLEX-ESTER

■スピードハート最高峰のスペック!
YAMAHAマシンでレース活動を行っているDOG FIGHT RACING(ドッグファイトレーシング)は数年にわたり実戦テストを繰り返しエンジンの摩耗やライダーフィーリングを評価していただき信頼のおける製品として推奨しています。

また元全日本チャンピオン「小西良輝」氏も絶賛していただきました!

■イタリア語で「好敵手やライバル」と言う意味です。
リバーレは常にライバルと競うために誕生したブランドです。

■4ストローク コンプレックス・エステルオイルを採用し耐熱性・潤滑性・清浄性などの基本性能を極限まで高め、更にサーキットなどの過酷な条件下において本領を発揮する「衝撃吸収性」にも優れます。またリバーレはサーキット・天候などにより粘度コントロールができるようにオイルブレンドが可能になっておりレースコンディションに合わせてベストセッティングを実現しました。
またシフトフィーリングが抜群によく熱ダレによるフィーリング低下を軽減したモデルになります。

0W-20/0W-30/0W-40/2.5W-25/5W-30/10W-30/10W-40内容量:1L缶/20Lペール缶

ロードレースで実績を積み上げた実戦重視の信頼性高い製品に仕上がりました。

■2ストローク 分離・混合タイプ
タイプ:spec:13-2SR
開発ライダー:中村敬司

競技用の2ストロークエンジン用に新開発された製品になります。耐磨耗性・耐焼き付き対策を考慮いたしました。

スピードハート使用チーム
第16回 モトチャンプ杯 全国大会 2011  SPクラスでは山上 諒 選手がPP&優勝のポールトゥーウィンも獲得。2012年 HSR 8耐ではSP50クラスにてNS50Rで2位獲得!何のトラブルもなく走り切りました。レスポンスに優れておりあらゆるカテゴリーで使用できます。
使用例
カート/ロードレース/モトクロス/ミニバイク/ウォーターバイク/スノーモービルなど

●混合目安
ロード25:1~30:1 ミニバイク 40:1~50:1
モトクロス 40:1~50:1 / カート 20:1~30:1
※エンジン仕様・使用条件等により混合比率は異なりますので
あくまでも参考となります。

■フォークオイル

■タイプ
spec:F1030(#40相当) 40℃:130
spec:F1020(#30相当) 40℃:120
spec:F1010(#20相当)  40℃:67.6
spec:F1005(#15相当) 40℃:49.5
spec:F1000(#10相当) 40℃:33.5
spec:F995 (#5 相当) 40℃:17.8
spec:F990 (#0 相当) 40℃:15.5
内容量:800ml

サポートライダー&開発ライダー
2013年 CBR250Rにて 筑波3連勝 鈴鹿2連勝の中村敬司選手と
speedheartTTSチーム 鶴野浩氏が監修。

サーキットによりチョイスが変わってきますが
F1030~F990のブレンドも
可能になっていますので自分に合ったオイル
チューニングを行っていただけるようになっています。